スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井の伝統工芸を巡る旅 ~越前漆器~

風薫る5月。

九頭龍蕎麦は5月27日で、めでたく開業一周年を迎えました。

これもひとえにお客様のおかげです。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、そこで私たちは、これからもっともっとたくさんの
「福井のいいもの」をお客さまにご紹介するため、
福井の伝統工芸を支える職人さんを訪ねる旅に出かけてきました。


まず最初に訪れたのは、越前漆器(株)
ご案内してくださったのは、専務取締役の森下さんです。

こちらは越前漆器のメッカである川和田地区(鯖江市)にある漆器メーカーさん。

鯖江といえばメガネで有名ですが、この界隈はかつて、
漆を採取する職人さんの約半数が集結していたという、漆の聖地でもあるのです。

ショールームを訪れてみると、お椀がズラリ!
尋ねてみると「うちは椀ものが得意なんですよ」と森下さん。

越前漆器の椀もの

中でも越前漆器さんは、都内の百貨店などに卸しているとあって、
幅広い色柄と洗練されたデザインが持ち味です。

越前漆器ショールーム


もともとこの界隈は、室町時代より「片山椀」と呼ばれる
漆塗りのお椀で有名なところなのだとか。

また、地域の伝統を残すため、越前漆器さんをはじめ、地元の漆器屋さんの協力により、
鯖江市の小学校では、給食の器に漆器を使っているのだそう

導入されたのは2001年で、今では全校で飯椀、汁椀、平皿を使用。
地元の新聞記事を見せていただきましたが、プラスチックやアルミの器と異なり、
給食がとってもおいしそう!そして、味わい深く見えます。

九頭龍蕎麦でも「何かオリジナルで漆器を作りたいね!」
とみんなで話しながら、越前漆器さんを後にしました。

スポンサーサイト
News!
2013年2月4日(月)2号店オープン!

『神楽坂 九頭龍蕎麦 はなれ』

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂5-1-2 神楽坂TNヒルズB1
TEL:03-6228-1937

毘沙門天の斜め前です。

それに伴いまして、HPのリニューアルを行いました!!!
新店舗の情報等も掲載しております。

本店そしてはなれともども、どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

九頭龍蕎麦

Author:九頭龍蕎麦


福井出身の店主が、美味しい福井のお蕎麦と郷土料理、そしてこだわりの福井の酒をご提供する『九頭龍蕎麦』。 神楽坂にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください!
ホームページはこちら↓
http://kuzuryu-soba.com/
Facebookページはこちら↓
https://www.facebook.com/kuzuryusoba

最新記事
Twitter
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。