スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井の伝統工芸を巡る旅~杉原商店~

いつもありがとうございます。九頭龍蕎麦です。

9月になり、心身ともに秋の気配を感じ始めたこの時節、
当店おすすめの日本酒は「白岳仙 中取り」。

思わず「うまっ!」と言ってしまいそうな旨口で、
ほのかな樽の香りに、変わりゆく季節を思わせる…。
そんな純米吟醸がこちらです。

酒米は、お好きな方なら必ず反応してしまうであろう備前雄町(びぜんおまち)。

昨今は山田錦ブランドに押されて目立たないものの、
独特のキレイなおいしさが醸し出される逸品に、根強いファンが多い酒米ですね。


そして、そんな旨美しい日本酒を受け止めるのが、
土直漆器さんに作っていただいた、越前塗りの酒器!

これがもう、

触って良し、
呑んで良し、
眺めて良し、

の一品なんです!!

いい酒をいい器で。
日本酒で秋を感じたいなら、ぜひ九頭龍へ!

本日も、皆様のお越しをお待ちしております!

kuzusikki1w.jpg


さて、福井の伝統工芸を巡る旅レポートは今回が最後。

最後にご紹介するのは、越前和紙の杉原商店さんです。

代表の杉原吉直さんは、伝統の技法を使いつつ、
現代的な空間を引き立たせる洗練された紙作品を作られている方。

広い空間に映える超大型作品から、カードケースなどのちょっとした小物まで、
その幅はかなり広く、海外の展示会等でも評判の作品が多数あります。


今回の訪問の目的は、以前、ホテル・レストラン関係の
展示会で見た「うるわし」を詳しく知ること。

この「うるわし」は「漆+和紙」、つまり和紙に漆を塗ったもので、
漆の郷土や独特のツヤと、和紙の風合いが活かされた杉原商店さんオリジナルの紙なんです。

どんなものかというと…、

IMG_3773w.jpg

こちらが「うるわし」。
赤、緑、生(生漆を塗ったもの)、黒の4色があります。

すべっとしながら、ほどよくザラっとした触感も他にはない感じ。
九頭龍の空間にあったら、かなり映えそうです。

2分の1にするとブックスタイルに。これでメニューを作ったらカッコいいだろうなあ…。

IMG_3774w.jpg

お酒を楽しむ場所だと、時には紙にこぼしてしまったりすることもありますが、
やはりお店の小道具ひとつひとつにも福井が宿っているものでありたい…。


ということで、こちらでメニューブックをオーダーしてきました!

お願いしたのは、グランドメニューと、ランチ&本日のおすすめ用メニューの2種類。
デザインは、九頭龍のロゴと落款も入ったオリジナルです。

仕上がりの楽しみな、九頭龍蕎麦でした!


スポンサーサイト
News!
2013年2月4日(月)2号店オープン!

『神楽坂 九頭龍蕎麦 はなれ』

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂5-1-2 神楽坂TNヒルズB1
TEL:03-6228-1937

毘沙門天の斜め前です。

それに伴いまして、HPのリニューアルを行いました!!!
新店舗の情報等も掲載しております。

本店そしてはなれともども、どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

九頭龍蕎麦

Author:九頭龍蕎麦


福井出身の店主が、美味しい福井のお蕎麦と郷土料理、そしてこだわりの福井の酒をご提供する『九頭龍蕎麦』。 神楽坂にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください!
ホームページはこちら↓
http://kuzuryu-soba.com/
Facebookページはこちら↓
https://www.facebook.com/kuzuryusoba

最新記事
Twitter
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。